24 October 2017
Andaz, Toranomon Hills

#CarDesignForum
Menu
Read this in: en

10月24日(火)

09:00  受付・朝食

09:45 歓迎の挨拶とイントロダクション
中村史郎- カー・デザイン・フォーラム東京実行委員長

10:00 パネルセッション1-ニュー・ラグジュアリー ”ラグジュアリーの意味するものは顧客と共に変化しています。デザインディレクターらが、それぞれのブランド価値や新しいラグジュアリー顧客層について議論します。”

パ ネリスト:
アルフォンソ・アルベイザ ‒ 日産自動車・インフィニティ
ルク・ドンカーヴォルケ ‒ 現代自動車・ ジェネシス
澤良宏 ‒ レクサス
モデレーター:
飯田裕子 ‒ 自動車ジャーナリスト

11:05 コーヒーブレイク

11:30 パネルセッション2-オルターナティブ・アジア
”このセッションでは急激に進化しているアジア市場インドや中国などでの、あまり知られていないデザイントレンドやブランド戦略などを探ります。

パ ネリスト:
プラタープ・ボ
ーズ ‒ タタ自動車
张帆 ‒ 広州汽車集団
ピーター・ホーバリー  ‒ 吉利汽車
モデレーター
有元正存 ー
デザイン・ジャーナリスト

12:35 フォルシアによるプレゼンテーションーデジタルマジック&ウェルビーイングマジック アンドレアス・ウラサク ‒ フォーレシアデザイン担当副社長司会:アベル・サンプソン ‒ カー・デザイン・ニュース発行人

12:45 昼食

14:00 パネルセッション3-アドベンチャー・ヘリテージ
”その歴史に冒険心のあるブランドは、その哲学に基づいて経験をどうデザインに取り入れているのでしょうか?”

 パ ネリスト:
石井守
‒ スバル
マッシモ・フラスチェッラ ‒ ランドローバー
長屋明浩 ‒ ヤマハ発動機

モデレーター
クリス・ミラード ‒ カー・デザイン・ニュ ース編集長

15:15 コーヒーブレイク

15:40 パネルセッション4―ブランド・エボリューション
”歴史のあるブランドにとっては、ブランド価値を尊重することと新たなものをデザインすることの間にはテンションがあります。本セッションではエキスパートらが彼らのアプローチについて説明します。”

 パ ネリスト:
松橋剛 ‒ ホンダ技研工業
マレク・ライヒマン ‒ アストンマーティン
アントニー・ヴィラン ‒ アルピーヌ

モデレータ
加藤哲也 ‒ カーグラフィック発行人/編集ディレクター

16:45 閉会の挨拶
クリス・マイラード
‒ カー・デザイン・ニュース編集長

17:00 レセプション開始

PREMIER
GOLD