27 October 2015
Andaz, Toranomon Hills
Menu
Read this in: en

「カー・デザイン・フォーラム」は2015年10月27日、世界で最も豊かな文化と高度な技術を備えた、エキサイティングな都市の1つである東京で初めて開催されます。

約200人の参加者が一堂に会し、国際的に最も影響力があり広く尊敬を集めるデザイナーと語り合う特別なイベントは、東京モーターショーのプレスデーの前日、東京デザインウィークと同時期に開かれ、参加者が最新のコンセプトカーや新モデルを目にする前に、アイディアを追求しインスピレーションを共有する素晴らしい機会となります。

ゲストスピーカーには、中村史郎(専務執行役員チーフクリエイティブオフィサー、日産自動車)、ゴーデン・ワーゲナー(デザイン部門副社長、ダイムラー)、福市得雄(取締役専務役員レクサスインターナショナル・プレジデント兼デザイン本部長、トヨタ自動車)、ローレンス・バン・デン・アッカー(コーポレートデザイン担当上級副社長、ルノー)、前田育男(執行役員デザイン本部長、マツダ)など、一流の自動車デザイナーたちが名を連ねます。参加の詳細は参加申し込みページをご覧ください。

自動車業界において「ラグジュアリー」の意味合いは変化しています。新たな市場、最先端技術、新しい世代がさらなる可能性を切り拓きます。「ラグジュアリー」の未来のトレンドは?技術が果たす役割とは?新たな「ラグジュアリー」の定義とは?

banner 1_JP_new車両への搭載技術が増えることで「ドライビング」体験はどう変わるのか。車外から入手する情報が増える以外に、どんな機会が提供されるのか?

PREMIER
GOLD